FC2ブログ

19880218

東方神起はユノとチャンミンのふたりです。R18あり。閲覧は自己責任でお願いします。
-

School Life 179

ユノが僕をゆっくりと押し倒す。
僕の顔の横に肘を付けて覆い被さり、もう片方の手で僕の髪を撫でてる。
ちょっと天パでクリンとしてる。
お風呂あがりでしっかり乾いてないから余計。
そんな頭をいいこいいこしてくれるユノ。
子供をあやすみたいに。
そんなことですら僕の心は温かくなる。

ユノの手が顔におりてきて手のひらで僕の頬っぺたを包む。
ちょっと冷たい手にビクっとしちゃう。

「ごめん…」

「ううん…」

なに?この初々しさ。
初めて触れ合ってるみたいだけど。
自分で突っ込んでムフっと含み笑いしちゃう。

そんな僕の口元にユノはそっと自分のそれを合わせる。
ぼってりとした真っ赤な唇が僕に重ねられる。
くっついては離れ、離れてはくっつく。
甘いなー。他人事のように思う。そして、もどかしい。

僕はユノの小さい顔を両手で包み込み、僕に触れたままでキープする。目はつぶって。
軽く口を開き、舌でユノの唇をこじ開ける。
歯列をなぞり、ユノの舌を探す。
待ち構えていたユノの舌に迎え入れられねっとりと絡ませる。
顔の角度を変えながら。吸い付いたり。唾液の交換をする。

飲み込めない唾液が口の端からつーっと垂れていく。
そんなのもお構いなしに続ける。
息をつくために離れる時間すら惜しいと思える。

口付けを交わしながらユノの肩から浴衣をずらす。
同時にユノも僕の浴衣を脱がしてくれる。

すっと寒くなり僕の胸が露になったのが分かった。
ユノの空いた手はその胸へと伸び、親指の腹で乳首をグリグリ回しだす。
するとユノの顔は唇から離れ下へと舌を這わせていく。
ザラザラしたユノの舌がおりていき、途中でキュッとキツく吸われる。
ユノは顔を上げ、僕の様子を伺う。

「いいよ。タートルネックだし」

ユノは微笑み、次は弄っていない方の胸に顔を落とす。
チュッと音を立てて口付けると、すぐに舌先で転がし始める。
少し寒い空気の中で温かい舌が触れる。
僕の顎は少し上がり、鼻からは甘い吐息が抜けてる。
顔を横に向け、ユノの唇が無くなったそこで指を軽く噛む。

ユノは僕の乳首を舐めたり、吸ったり、甘噛みしたり。
僕は下半身に血が巡っていくのを感じ、足を広げ腰を揺らし自らユノに擦り付ける。
だんだんと硬くなっていくそこを早く解放させて欲しくて。

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次東方神起小説へ
にほんブログ村


東方神起 ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。